巷で噂の脱毛とやらに手を出してみた

遺伝なのか人よりも毛がやや濃いのが悩みでした。
思春期に差し掛かると、学校のプールはもちろん、半袖の制服を着用することさえ、とても嫌な思いをしていたことを今でも覚えています。晴れて大学生となり、バイトを始めたことで使えるお金の幅が広がったことで、念願の脱毛に通おうと決めました。そうとは言え、最初は金額面の理由で某脱毛サロンに契約しましたが、半永久的効果でしかないため通い続けなければいけないこと、あまり効果が見られなかったこと、等を感じ、思い切って美容皮膚科で医療脱毛を始めました。
初めて伺った当時は大学生になりたてで、その高級な雰囲気に怯えていました。金額的にも大学生からしたら、そうそう手が伸ばせる桁でないことはインターネットで調べていましたので、なおさら不安が募った状態でカウンセリングを受けました。初日はカウンセリングや医師の診察を受け、契約、体調に異常もなかったため、当日早々に治療を受けて帰宅しました。良かった点は、学生でも無理のない支払い方法を提案していただけたことです。悪かった点は、予約が取りにくいため、なかなか自分の毛周期に合わせて予約を入れられないことです。

脱毛は、身体的にも精神的にも、経済的にも大きな自分への賭けだと思います。無理をしない範囲から始めてみるのが大切かなと思います。